HOME>転職成功事例>Webエンジニア 株式会社GameWith 加川 申祐さんの転職成功事例

転職成功事例

  • エンジニア系
  • 2016.12.15

何でもチャレンジできる。そんな
スタートアップは、やっぱり心地良いです。

Webエンジニア │ 株式会社GameWith 加川 申祐さん

Webエンジニア │ 株式会社GameWith 加川 申祐さん

大手Webサービス企業からスタートアップであるGameWithに転職された加川さん。30代まではひたすらエンジニアとしての技術スキルを磨いていきたいと考えており、それが実現できる場所としてスタートアップを選択されました。転職活動と現在の業務についてお話を伺ってきました。

転職者データ

前勤務先 / 職種:Webサービス会社 / Webエンジニア
現勤務先 / 職種:株式会社GameWith / Webエンジニア
転 職 動 機:様々な開発に関わり、エンジニアとしてスキルアップしたい
面 接 社 数:10社

“やりきった感”が次のステージへと駆り立てた

dsc_0372300-290

 

────加川さんは、GameWithに入社する前、大手Webサービス企業でエンジニアとして活躍していたと聞いています。

 

前職では、リードエンジニアとしてECサービスのサーバーサイドの開発からインフラの設計、アーキテクトの構築など幅広く担当していました。私が担当していた期間はサービスの拡大期で、CMが実施されるとサイトへのアクセスが一気に増えるようなことが多々ありました。

 

────おもしろかったのではないでしょうか。

 

ええ。負荷に耐えうるインフラをどうやって構築していくかや、機械学習の導入など、様々な課題にチャレンジできました。

 

────エンジニアとして成長できる環境だったのに、なぜ転職を検討されたのでしょうか。

 

一つは自分の中でやりきった感が出てきたからです。30代まではエンジニアとしての技術スキルをどこまでも磨いていこうと目標を立てていましたが、サービスの規模が大きくなり、段々技術における大きなチャレンジが減ってきたんですね。

 

────エンジニアとして成長できないと。

 

いえ、成長できないことはないかと思います。ただ個人的に、大きなチャレンジが減っていったように感じたので、エンジニアとしてがむしゃらにできる環境ではないようにも感じました。

 

────だから、スタートアップへの入社を希望したのでしょうか。

 

そうですね。スタートアップだと業務内容が限定的ではなく、色んなことにチャレンジできそうなところがありますから。インフラから、バックエンド、フロントエンドまで。やはり私としては、何でもやるというスタンスが一番合っていますし、成長もできると思っていました。

 

────そうだったのですね。加川さんは初めての転職ではないかと思いますが、今回はどのように転職準備をされたのでしょうか。

 

まず登録している求人サイトの履歴書のブラッシュアップです。これまでの実績やスキル、経験を中心に履歴書や職務経歴書を作成していきました。

 

────ミクシィ・リクルートメントの転職支援サービスを利用するきっかけはなんだったのでしょうか。

 

コンサルタントからスカウトメールが送られてきたからです。

 

────どのようなスカウトメールだったのでしょうか。

 

非常に丁寧で魅力的なスカウトだった記憶があります。私の実績やスキルについて言及してくれた上で、興味をもちそうな企業を提案しているメール内容でした。

 

────「履歴書をしっかりみてくれている」というのはうれしいものですよね。実際にコンサルタントと面談されていかがでしたか。

 

私が興味をもちそうな求人をピンポイントで複数紹介してくれたので、「mixi agent」の転職支援サービスに魅力を感じました。また、面接ではなく企業とライトに話せるカジュアル面談をコンサルタントに設定していただき、会社の生の声を聞けたので、選考を進める上で大きな判断材料になり、よかったです。特に転職支援サービスでよかったと思ったのは、対応がスピーディーだった点です。コンサルタントへの質問や依頼事項など、早ければ当日中に返信があり、親身になって対応してくれていると、好感を持ちましたね。

 

 

 

まだまだやれる、喜びdsc_0374300-290

 

────カジュアル面談で企業の声を聞けるのは、転職において大きいですよね。最終的に何社ぐらい面接されたのでしょうか。

 

10社ですね。

 

────GameWithへの入社を決めた理由はなんでしょうか。

 

複数のスタートアップと面接し、組織としてかたまりつつある企業が多いように感じました。その中で、GameWithはまだこれから組織を作っていくイメージでしたし、今後新規事業を手がける余地が無限にあり、色んなことにチャレンジできそうだったんですね。エンジニアとして面白そうと感じました。

 

また、数千万、億単位でサイトのPVが増加する等、急成長していてサービスの将来性を感じましたし、新規のサービス開発も始まりつつあり魅力的でした。その環境に飛び込めば、エンジニアとしてもっとスキルアップできると思い、入社を決意しました。

 

────そうだったのですね。実際に入社してみて、いかがですか。

 

毎日充実しています。やることがたくさんで(笑)。急激なサービス成長に伴い機能としてまだまだ成熟させる余地がある反面、9億PVという高トラフィックを持っているため、「スピード感」×「負荷考慮」のバランスを持って機能開発や追加を行なわなければいけないスリリングな環境です。これはGameWithだからこそ味わえる特別な環境だと思います。“開発”が介在する価値が大きいフェーズであるのも魅力です。

 

また、前職では手を動かして開発する機会が段々と少なくなっていたのですが、現在ガリガリ書いていますし、コードレビューもありますので、技術力としては向上していると思います。私はサーバーサイド側がメイン担当だったのですが、今ではフロントエンド側の開発にも携われているので幅も広がっていると思います。

 

────充実していますね。どんなところにやりがいを感じていますか。

 

サービスの機能追加などをリリースしたら、ユーザーから瞬く間に多数の反応があります。数値に与える影響が大きい、成長フェーズの開発を任されることに大きなやりがいを感じています。「ユーザーに満足してもらえるサービス」と、正解がないかもしれない課題に対して、とことん考え、調べて、挑戦していくというサイクルを回し、理想のサービスへ近づいていくことこそ、私自身の最大限のモチベーションでもあります。

 

────加川さん自身が大きなモチベーションでチャレンジしていらっしゃいますね。一緒に働くエンジニアはいかがでしょうか。

 

大規模なSNSサービスを手掛けてきたエンジニアが複数在籍していますし、エンジニア皆、新しい技術に対する意識が高く、難しい課題に対し自ら対応する姿勢を持っており、自発的かつ向上心の高いメンバーです。エンジニアとしてのスキルが際立っているだけではなく、ビジネス側の話もできるエンジニアばかりという点も、大きな特長だと思います。そのメンバーの中で仕事ができるので、新しいチャレンジを実現しやすい雰囲気ですし、私にとっても刺激になります。

 

────まさに、加川さんにぴったりの会社でよかったですね。本日はお忙しいところお話いただきましてありがとうございました。

無料転職支援サービスに申し込む [無料]

PAGE TOP

無料転職支援サービスに申し込む